2018年03月14日

いいスタート切れたかな。

T-A も P-N もほっとんど見れずに終わってしまいました。

そんな中、3/8 から行われていた
Europe Tour の「15th Istarsko Proljece - Istrian Spring Trophy (2.2)」で
成長を楽しみにしている若い子が、第2ステージで今シーズン初勝利しております。
新しいチームで今年最初のレースに出場して結果がついてきて
いやぁ〜、いいスタートがきれたようでなによりだ。
総合も5位で終わったらしい。
これからも順調に成長していってね!

| Yassss | #istrianspringtrophy #croatia #teamsunweb #sunwebdevo #win #victory #celebration #finish

Elisa Haumesserさん(@lizziehaumesser)がシェアした投稿 -



Congratulations to @marchirschi @teamsunweb winner of #Stage2 #istrianspringtrophy

Trevor Mouldさん(@mouldypix)がシェアした投稿 -





Yes! @marchirschi takes the win at #IstrianSpringTrophy today! #KeepChallenging

Team Sunwebさん(@teamsunweb)がシェアした投稿 -

posted by 哉 at 20:17| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

2018 Strade Bianche。

今シーズン初めてまともに見たレース。そう、Strade Bianche

自分的に最悪コンディション(頭痛がひどい)だったけど
春クラシックも始まるし、自分的にも観戦モードに慣れないとと思って
見始めた。(だぞ〜んにも入ったし)
頭痛がひどすぎて、目がチカチカしちゃってあんまり頭に入ってこず。
そして、TFSのメンバーを誰一人として認識できず終わった。
途中で「全員止めちゃったのかも〜」とか思ってしまいましたよ。

勝った Benoot も素晴らしい走りだったけど
Bardet と Wout Van Aert も素晴らしいと思いました。
Bardet はワンデーレースも頑張るよねぇ〜。
今年はTdFに石畳登場するんだったっけか?
Wout Van Aert は、シエナの坂で足が攣ったとか?
それでも最後まであの坂上るんだからすごいよね。
勝った Benoot はプロ初勝利だとか。おめでとう。
Benoot は、瞳の色が神秘的ですてきだと思いました。




😲😲😲 Piazza del Campo, Italia. Pd: Video 👉 @kingstonwheelers

cyclinghistoryさん(@cyclinghistory)がシェアした投稿 -





かんちぇさんは、Wout Van Aert に「ロードに転向して〜」と申しております。
posted by 哉 at 19:19| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

選ばれるといいな。




SWISS CYCLING PLANT EINE STRASSEN-WM-KANDIDATUR

Schweiz bemüht sich um Strassen-WM

Eine Strassen-WM in Bern?

どうやらスイス自転車連はRR世界選開催国に申請を出す模様。
2022年か2023年ってことらしいけど、
Martigny は2022年で申請して、Bern と Zürich は2023年でってことらしい。
Zürich はこれから開催場所を決めるのか?

それで車連は誘致できるように支援委員会(ロビー活動するの?)を
結成するんだって。
メンバーにかんちぇさんの名前もありますよ。
かんちぇは、「自国で世界選を競えるなんて素晴らしい機会だ」と
2009年を振り返って言っている模様。
開催国に選んで貰えるようしっかり活動してください。

もしスイスで世界選が開催されることが決まったら観戦に行きたいなぁ。
2009年(かんちぇ大活躍)を泣く泣く我慢したら、
それ以来行ける目途がまったくなくなってしまったけど
2022年や2023年だったら今の生活がどうなってるかわからないし
行けるようになってるかもしれないしな。
Bernで開催だったら、こっそり成長を楽しみにしている子たちの地元だし
あの子たち24、25歳ぐらいになってるし
もしかしたら出場できるぐらい強いレーサーになってるかもだし。

うん、ちょっと楽しみに吉報を待ちましょう。
posted by 哉 at 20:29| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

楽しみにしてる!

気が付けばもう明日は松の内ですか?
ずいぶんご無沙汰してしまいました。

さて、2018年は成長を楽しみにしている若者たちが
新しいチームで走ることになっています。
ケガなく更にいいロードレーサーに成長してくれたらいいなと思っています。
ほぼ走っているところなんて見れないんだろうけど
U23の世界選とかに出してもらえるぐらい充実しているといいなぁ。
みんな頑張ってね。
お婆はそれを楽しみにがんばるよ。

IAM Excelsior Cycling で走ることになった Joab Schneiter。
昨年は Tokyo Ventos に今年加入した Ballet Alexandre と同じ Exploit Cycling。
Exploit の監督(スタッフ)たちはチームの若い子がナショナルチームに呼んでもらったら
「いい経験させてくれてありがとう(意訳)」とナショナルチームに言ってくれる
なんというか若い子を育ててる感あってすごく印象良かった、。
Joab は、まだ何かに特化した脚質じゃなさそうだからどうなるかなぁ。
TTがさらに強くなってくれるといいなぁ。



Team Sunweb の Development で走ることになった Marc Harschi。
昨年は選手として成長できるだろうチーム(BMC Development)で走ってたのに
チームが解散することになり心配してたら Team Sunweb に決まってた。
Sunweb の Development も優秀らしいから、楽しみだ。
Marc は、将来は GCライダー を目指しているけど
TTの強化も忘れず走ってくれるといいな。



Leopard Cycling で走ることになった Mario Spengler。
オーナーが今は MotoGP に旨味を感じているからあれだけど
それでも Leopard が 若手(育成)チームを続けてくれていて嬉しい。
おかげで、Mario も走るところが決まった。
ルーラーとして走るのかなぁ。


posted by 哉 at 20:34| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

気を付けて!



「Dillier 何やってんだ?(Ossも)」って思ったら

Diller fällt in China wortwörtlich vom Podest(blick.ch)

こんなことだったらしい。

Blick、「文字通り表彰台から落ちる」とか
「台の上はもっと学ばねばならない」とか
辛口なんだから。

すっころんでたけど、ケガなさそうで良かったね。
表彰台の上って結構デンジャラスだよね〜。
posted by 哉 at 19:44| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

頑張ってね!

こっそり成長を楽しみにしている若い子(Joab Schneiter)が
トラックの大会に出たようなことをインスタに上げてきて
そこにもう一人成長を楽しみにしている若い子(Marc Hirschi)も映ってるし、
Reto Müller も映ってるから、Reto のインスタも見たら
どうもトラックのスイス選手権があった模様。

Vier Schweizermeisterschaften - die Resultate

Rad Bahn SM in Grenchen – Team Trainingsstützpunkt Oerlikon holt den SM Titel in der Vierer Mannschafts Verfolgung Claudio Imhof und Tristan Marguet gewinnen souverän das Madison

Reto は、チームパシュートで Team Trainingsstützpunkt Oerlikon の一員で
走って優勝した模様。なんかぶっちぎりで速かったらしい。
Joab と Marc は Team Bern で一緒に走って銅メダルだって。
Reto と Marc は、一緒にマディソン走らなかったのかなぁ。
Reto 走るって書いてたのに。わかりません・・・。




で、今期 BMC Development Team で走ってた Marc が
来期から Team Sunweb の Development team で走ることが
発表されていたらしい。


今期で解散だったので、来期走れるところがあるのか心配してたんだけど
ヨカッタよ、チームが決まって走れることができて。
最初、「えっ?トップチーム?」って勘違いして
ちょっと微妙な気持ちになったんだけど、デベロプメントの方だったので
「あぁ〜、良かった」と思いました。
2019年までとのことですが、ここの育成もなかなか優秀らしいので
確実にステップアップできるように頑張ってほしいなと思ってます。
チームもオールラウンダーとして成長を期待してるっぽいし
怪我しないように上手く走れるようになってほしいです。
チームが無くなりませんように。
posted by 哉 at 20:12| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

他人の空似?

Sagan弟の三連覇で終わった世界選。いやまぁ、すごいやぁ〜。

それよりも。
他人の空似? Rogerさんに見えるんですけど???




Rogerさん、まだスイス代表のメカニックしてくれていたんだろうか。
Katusha からは、TT に Hollenstein 出たけれど。
Rast からの依頼?それとも、Hondo監督?
posted by 哉 at 19:03| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

2017 U23 RR 終了。

U23 RR 終わりました〜。 ドキドキしましたね。

Results

日本チーム(岡選手)がスタート直後に逃げグループに入っていたので
「積極的だぁ」と思ってたら、なんか集団から日本チーム(山本選手)が
1人で飛び出すから「えっ?」って思って、暫〜く逃げと集団の間で
1人で走る時間があって「どうするつもりなん?」と複雑な気持ちで見ることに。
時間はかかったけど、逃げグループに追いついて日本チーム2人になったけど
2人になったことで別に得してる風でもない感じだったなぁ。

さて、スイスの若者たち。
4人しかいないから、判断できると思いきや、防寒(雨具)してるから
ゼッケンも見えないし、チームジャージもわからん・・・。
「あかん」と思ってたら、どうも防寒(雨具)にスイスって入ってるっぽくて
それを探せばなんとかなりそうか?と思ったら、空撮じゃわからん。
でも、よく見れば、ヘルメットがスイスチーム色と国旗入ってたので
これを集団内で探せばいいことに気付く。
が、これがなかなかハイレベルなお仕事で。
眠いし、目痛いし、老体鞭打って観戦しましたよ。
レースが進むにつれ、防寒も脱いでくれたので、やっとゼッケンも確認できるし
わかりやすい子(Patrick Müller)は前の方にいてくれるし
楽しみにしてる子(Marc Hirschi)もヘルメットと体の小ささで
ほぼわかるようになった。

日本の2人の逃げが終わって、アタックがかかって逃げグループができて
その中にスイスの若者、Patrick Müller が入ったんだけど
「あれ?この子で勝負してくるんだと思ったんだけど?」と思いながら見てたら、
同じ逃げに普段のチームメイトの Pavel Sivakov もいて
かなり強力なメンバーだった模様。
後ろの集団では、残りのスイスの若者が追走のチェックしたりして
スピードが上がらないようにしてたっぽくて、「ほぉ〜」となる。
だけど、残り2周の”サーモンヒル”手前ぐらいでその逃げも終わって
わちゃ〜となって、スピードもあがってきたところで
ちゃんと Marc Hirschi が集団の前で走れていたので、
「いいよ、いいよ」と思って見てた。
ちょっと飛び出したりもしたんだけどなぁ〜。
周りのメンバーの様子見て、冒険はやめたっぽかった。
で、最終ラップ。
集団の前で、様子見で走ってる風の Hirschi。
なのに、最後の勝負どころ”サーモンヒル”入る直前ポジション下げちゃって
「あかん、そんなところ走ってたらアタックかかったら対応できへん!」と
思ってみてたら、するするポジションあげてきたけど、
集団から爆発力のあるアタックがかからなくて、テンポでのぼる集団?
そんなペースに Hirschi も落ち着いちゃって、「あれ?」
そこからスピードあげたのが優勝した Benoit Cosnefroy。
勝負勘ってやつなのかな?

集団は、あんまりスピードあがらないから 途中逃げた
Müller も集団に残れたけど、Hirschi はこの展開からではちょっと勝ち目無さそう。
厳しい展開にもっていきたいって言ってたけど、
最後の最後で後手にまわっちゃったのか、Hirschi が実はキツかったのか
実際のところどうなんだろとは思いますが
結果、集団はスプリントになって Müller 12位、Hirschi 14位でした。
お疲れさまでした。






Der Franzose Benoit Cosnefroy gewinnt WM-Gold bei der U23-StrassenWM in Bergen – die Schweizer Patrick Müller und Marc Hirschi werden 12. und 14.


写真。(radsport.ch)

レース中。

レース中。


スタート前。


ゴール後。
posted by 哉 at 20:50| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

ITT終わりました。

あぁ・・・、終わった、終わった。

Results

Roglic、頑張ったよねぇ〜。最後の上りすっごい速かったもの。
シルバーメダルおめでとう。
Oliveira、すばらしい。うまく走れたよね〜。
Kiryienka、やっぱりすごいね。
ちゃんと全体をうまくまとめて走りきれるのは、経験の成せる業だよね。
普段のレースで上りを淡々と集団をひっぱる技が披露されてて
すばらしいなぁと思った。
Dennis・・・。いっきにタイム落として何あった?と思ったら落車って。
それでも集中を切らさず最後の上りもしっかり上って順位をあげてきたのは
さすがだよね。
T.Martin。スペシャリストにとってはやっぱりあの上りはきびしい。
それでも Kiryienka と同じでしっかりまとめて走りきれるのは
さすがだと思う。やっぱりスペシャリストなんだよ。
そして、Küng。
目標の10位以内は達成できず。
スタートも映してもらえず、バイクチェンジで手間取り時間ロス。
あげく、上りのコーナーで落車もしたとか。あぁ・・・。
残念な結果だったな・・・。

で、あのコース。
自分は、TT 大好きです。どんなコースでも楽しく見ます。
でも世界選のコースとしては、こんなコースでしてほしくないと思った。
ハンマーシリーズとかステージレースのコースなら、面白く見れたのに。
あんなとってつけたかのような、上りゴール必要ないです。
バイクチェンジ可って意味わからん。
TTスペシャリストの"技"を競うコースにしてほしいと思いました。
今回のコースだって、上りがなくても十分テクニカルだと思うのに。

えっと・・・。
今回あの山がなくったって優勝した人は今年は優勝したでしょうね。
ぶっちぎりでしたからね。RRはこの人以外の人が勝ってください。
こっそり言います。ダブル(トリプル)は、い・や・だ。
posted by 哉 at 19:23| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

さぁ、始まるよ!


バイクチェンジの練習してるよ。

Küng erwartet keine WM-Medaille im Zeitfahren
http://www.srf.ch/sport/mehr-sport/rad/kueng-erwartet-keine-wm-medaille-im-zeitfahren

Küng の目標は10位以内だって。最後の上りはあかんって。(←意訳)


posted by 哉 at 19:27| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

今年も揃えてきました。



ということになりました。
先日砂田さんがBassoから聞いた名前○○○っていうのが"コンタ"ってことですね。

って、TREK JAPAN すっごい発言力持ってるんですね、TFSに。
一般の我々が知らないところで、すっごい力関係の構図になってるんでしょうね。
日本ってやっぱりお金持ちなのかな〜・・・。
なんか、ヨーロッパ以外のファンの方々に申し訳ないよね。

で、自分としては他のメンバーがまたしても"クラッシック班"ってことに喜びが。
Jasper、John、Koen の3人がJC走るなら Jasper 狙い?
コンディションによるけど。世界選、無事に走ってね。
John は、今年しんどいシーズン送ってるけど気分転換も兼ねて
楽しんで帰ってくれると嬉しいな。
Popo、今年もDSで来るのか? Luca GM も毎年来てるしなぁ。
posted by 哉 at 19:13| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

世界選始まってます。

世界選始まりましたね。

えぇ〜っと、そう、TTT。
BMC 残念だったわぁ〜。 Küng も Dillier もいたから応援してたのにぃ。
TFS がもうどうにもこうにも・・・、なのでホント応援してたんだ。
で、TFS のみなさん。
お疲れさまでした。無事終わってヨカッタです。
自分としては、優勝チームから2分以内でゴールが
このチームの現実的な目標だと思ってたんです。
結果は、2分50秒差・・・。
後ろからやってくる Sunweb に抜かされなくてホントヨカッタ・・・。
で、こっそり言っちゃうけど、どうして今年は出ようと思ったの?
まっ平じゃないから、ちょっとはなんとかなるって思ったのかな。
いやいやいや・・・。
どうしたもんだろね、今の流行りに逆行したかのようなレベル・・・。
辛すぎるわ。

で、U23男子ITT ですよ。すっごく楽しかった〜。
Results

走っているところでコース全体をみれたわけじゃないけど
なかなかに見ている分には面白いコースだったなぁ。
走ってる人たちはリズムを掴むのが大変なコースだろうけど。
スタートが第2グループで優勝したデンマークの Mikkel Bjerg が
ずっと安定した走りで2周回目の厳しい上りが終わってからの
下りはかっとんでいて、ぶっちぎりのタイム(時速47キロ越)だったから、
「これを抜くのはなかなか難しいだろ」と思ったら
最後まで抜かれなかったとさ。すばらしいね!
まだ18歳なんだって〜。すごいよね〜、世界のレベルは天井知らずで上がっていくね。
最終グループで走ったアメリカの Neilson Powless が
厳しい上りを終えたあと落車したのが残念だったね。
走りながらトラブル対応してたらフェンスにぶつかっちゃって。
いいタイムできてたから、本人も悔しかろう。
ベルギーの Nathan Van Hooydonck もスタートしてすぐに
パンクか何かメカトラブルで止まっちゃって、リズム崩したのか
やる気が削がれちゃったのか残念な結果になってたね。




そして、成長を楽しみにしてる Marc Hirschi は18位という結果。
入りがとっても遅くて、「えっ?遅すぎだろ。」と思って見てたんだけど
コースが複雑になってきても、そんなにタイム伸びてこないから
「あぁ、今日はあかん日かぁ。」と少々残念な気持ちで見ることに。
そしたら、2周回目になってそんなにタイム落とさなくなって
厳しい上りもそつなくこなしてきた。
上りの後の下りもしっかり踏むことができたみたい。
本人も、走りにはそこそこ満足しているみたいだし、
いい経験できたと思っているみたい。
ジュニアや U23 では ITT 走らせてもらってるけど、
Elite になったら ITT 走らないかもなぁ。
TTスペシャリストではないからなぁ、きっと。残念だけど。
RRは、スイスはU23、4人しか出られないけど頑張ってね。

Marc Hirschi : ≪ Pas certain qu'un favori gagne ≫

Kein WM-Exploit der U23-Zeitfahrer (srf.ch)







そう、こっそり言っちゃうけど、Eliteのコースに最後とってつけたかのように
急坂上りゴールもってきたけど、どうしてそんなことするんだろ。
あんなコースにしたら、TTスペシャリスト不利じゃん。
バイクチェンジって意味わからん。ITTの世界選なのに。
posted by 哉 at 21:55| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

いろいろあるね。


Boonenさんがオーナーなのか?しゅっとしてるねぇ〜、Boonenさん。

そういえば、先月こんなところにも顔見せてたんだよ。

Oggi foto con 2 leggende Tom Boonen e Nick Sann 2 grandi amici

Denis Pazzagliniさん(@denispazzaglini)がシェアした投稿 -


Boonenさん、スポーツカー好きだから、こういう場所も似合うね。
そういえば、かんちぇさんが Thomas Luthi が来シーズンからMotoGPクラスで
走ることになったことを「おめでと〜」ってTweetしたら
MotoGP公式が「いつでも観に来てね〜!」って返してくれてたな。

そうだ、昨日 TFS の Pedersen が勝ったねぇ〜。


Jasper も素晴らしいよね。世界選楽しみだねぇ〜。




あと、昨日目にした「ほんまか?」って思うTweet。
最近、芸能ニュースを騒がせてる「土下座させられた」だの
「パワハラ」だのと騒いでた女の戦いっぽいね。こわい・・・。
でも、こういうこと発信して何がしたいんだろう。
とかいいつつ、どうでもいい・・・。当事者のみぞ知るだから。ごめんなさい。
posted by 哉 at 21:38| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

もうすぐ世界選。

いろいろ書きたいことあるんだけど、気持ちが乗らぬ。

あぁ、でももうすぐ世界選。
TTT に 今年は TFS も出るっていうから応援しないとねぇ。


優勝チームからどれぐらいの差でゴールできるかなぁ。
1分以内っていうのは、ほぼ無理っぽいので2分以内ってところが
妥当な目標かなぁ・・・。ツラっ。
でも、みんな無事に終わってくださいね。くれぐれもケガなきよう。

あぁ、昨日 Coppa Agostoni に Albasini がスイスナショナルで出ていて
勝ってた。
あれ?このレースに出たスイスナショナルってU23じゃなかったのか。
成長を楽しみにしている若い子(2人)が出るみたいだったので
U23のチームだとばかり思ってたよ。
その2人は DNF だったけど。
イタリアナショナルには、Felline もいたんだね。
Albasini も世界選スイスチームのエースだから、コンディション良く
世界選に臨めるといいね。
しっかし、スイス自転車連もさ、もうちょっと情報を共有してくれないだろうか。
MTB みたいに、RR も、いっぱい情報流してほしい。
終わって、成績良かったら情報流すとか勘弁してほしいわ。

そう、成績良かったといえば、先日(9/9)行われた Tour du Jura で
成長を楽しみにしてる子がスイスナショナルチームで出て優勝してた。


Great feeling to take the win at the Tour du Jura 1.2 - next stop ➡Coppa Agostoni🇮🇹

Marc Hirschiさん(@marchirschi)がシェアした投稿 -


U23には、この子もスイスナショナルに選ばれてるので
しっかり走れるといいなぁ。
posted by 哉 at 20:54| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

楽しそうだったな。




昨日、Vuelta視聴してたらこんな楽しそうなTFSのみなさんが映ったわけですが。
Eddy に、la Bamba を歌わす Irizar。自分も歌ってたけど。
でも Eddy、よく歌えるね〜。 若いのに。それに、上手。
海外ではず〜っとポピュラーな曲なのかな。

Irizar を栗村さん(昨日ナビゲータだった?)が認識できなかったことが不思議だったけど
あれか、TFSのメンバーをあんまり注意してないってことなんだよね、きっと。
春クラシックの優勝候補チームだったときは、
アシストもしっかり把握してるから識別できるけど、ってことなんだろうな。
あれだけ、Irizar 見てたのに。

Contador、最後まできっちり走り切って終われますように。頑張ってね。
posted by 哉 at 20:25| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

2017 Tour de l'Avenir。



昨日、コロンビアの Bernal の優勝で終わった Tour de l'Avenir。
最終日は、ロシアの Sivakov が勝ったのですが
2人とも来季は Sky なんですってね。
Sivakov は、現在 BMC の Development にいるのですが
やっぱりこういう人材は行き先心配しなくていいんですね・・・。

Cyclowiredに日本チームのレースレポとかが載ってたけど
なかなか面白かったですね。


54th Tour de l'Avenir (2.Ncup)

スイスの車連はほっとんど何にも情報流してくれない(他人様頼り)ので
スイスの子たちの結果しかわからないけど、
地味〜にそこそこの成績で終わってました。
フランス語のテキストライブを見てたけど、見慣れない言葉なので
まったく要領が得なくて辛かった・・・。
休息日明けからの山岳3ステージで、
最後の上りまではメイン集団で走れてたけど、
やっぱり勝負がかかったところで遅れていった感じ。
スイスは誰がエースなんだかさっぱり?なんだけど
Marc Hirschi は、上れる子だってことはわかった。
第8ステージだったか下りで攻めたのかなんなのか
テキストライブに名前が出て、落車したのか?って心配したけど
それ以後一切名前出てこなくて、気が付けばゴールしてたこともあった。
スイスチームの中で最上位でレースを終了したけど
上れるっていっても、まだまだ力不足なんだろうし
これからどういう方向に進むにしてもいい環境で走れるといいんだけどな。
posted by 哉 at 20:57| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

スイス今年の世界選メンバー。



来月16日(17日からレース)から世界選が始まるのですが
スイスはもう代表メンバー発表してますよ。(補欠含む)
早いねぇ〜、毎年もっと遅かったように思うのに。
まぁそれはきっと半分はかんちぇさんのせい。だよね?

SELEKTIONEN WELTMEISTERSCHAFTEN STRASSE IN BERGEN

Elite男子RR は6名。
たぶんコース的に Albasini エースなんだろうけど。
こんなこといっちゃぁなんだが、最後のパンチに欠ける。
Dillier とか面白そうだけど未知数。
Küng は、TTと掛け持ちだから、頑張れ。
きっと、 Schär と Rastは働かされるんだろうなぁ。
Rast の縁の下の力持ちなポジションの信頼度が高すぎて
ベテランってすばらしいね。
一番わからないのが Fabian Lienhard っていう若者。
どんなライダーなのかなぁ、楽しみ。

TTは、Küng と Hollenstein なんだけど
今シーズン Hollenstein、あんまり成績芳しくないように思うのだが。
もう Dillier は、TT 走らないのかな。

で、楽しみなのが U23 ですよ。
4人しか出られないけど。Patrick Müller がエースかな。
そんな中 Marc Hirschi がセレクトされてて、テンション上がった!
どのぐらい世界のU23のメンバーの中で走れるかなぁ、
しっかり走って来年につながるといいけど。
因みに、TTにもセレクトされてるから大変だろうけど楽しみだ。
只今絶賛開催中の Tour de l'Avenir に出場中。
スイスチームは地味〜に集団で走っている模様。
これから始まる山岳ステージでどのぐらい走れるかなぁ。
くれぐれもケガしませんように。
posted by 哉 at 21:12| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

2017 ユーロピアン。

どうも、ひっそりこっそり行われてる感のある Road European Championship。
昨年に比べると確かに各国 Elite男子のメンバーの力の入れようが違う感。
まぁ、仕方ないよねぇ〜、こんな時期に開催じゃ、メンバー組むのが大変さ。
スイスなんて、若手中心だしねぇ〜。WorldTourチームから誰一人いないし。
まぁ、そんな自分も男子U23に興味があったんだけど。

Elite 男子の ITT に Matthias Brändle が出てたので応援してたんだけど
悪くはないけど、あと一歩表彰台に届かず。
優勝した Victor Campenaerts から10秒遅れだったのに4位。
表彰台争いは僅差だったから、通過ラップタイムが出るたびに
「うわぁ〜」ってワクワクしました。
Maciej Bodnar は、TdF から好調を維持してたみたいです。

男子 U23 ITT にスイスの若い子(Marc Hirschi)が
出るっていうんで、気にはしてたんですが、
帰ってきたときには、もう決着がついていて、8位でゴールしてました。
お天気もあんまりよろしくなかったようなのですが、
まだまだ Euro の U23トップレベルと戦うのは厳しいのかな。

男子 U23 ITT Results

で、昨日は 男子 U23 RR があったわけですよ。
平坦基調の周回コースっぽいので、他のクラスもスプリント勝負になってましたから
ここもそうなのだろうなと思っていました。
どうもお天気が悪いようで、パンクが頻発するし、落車も多く発生するわで
逃げとのタイム差を広げすぎないようにする戦略を集団がとったのか
なんかよくわからいけど、あんまり安定しないレース展開だった模様。
そんな中、スイスの Reto Müller が逃げに乗ったりしたんだけど
それも気が付けば集団につかまってるし。
なんかよくわからないうちに、レースは終盤になっていって
そんなときに、またアタックがあって逃げのメンバーができる。
そこに、なんとスイスの若い子(Marc Hirschi)が入った〜!
馬車馬の働きしてただろうに、タイミングでアタックについていったのかな。
そこから、この逃げのメンバーがうまく回ったのか
集団とのタイム差がいい感じで広がるし、集団内では落車も多くて
逃げのメンバーには追い風。
集団も追い上げてきたけど
もうこの逃げのメンバー(4人)から表彰台が決まるだろうって感じの
空気が出てきたので、スイスの若い子が Cancellara みたいに
他のメンバーに使われるだけ使われて表彰台逃したら
可哀想だなぁと思ったりしてた。
結局、開催国デンマークの Casper Pedersen が余力を残してたのか
ゴール前(500メートルだったかな)でアタック決めて逃げ切り勝利!
スイスの若い子、Marc Hirschiも追ったけど3位が限界っぽかった。
でも、すごくないですか!びっくりです。
この子、どっちかというと平坦基調のコースよりアルデンヌ系のコースに
適正があるみたいな子なんですよ!
自分でもこのコースで表彰台に乗れるなんて思っても無かったって
言ってますよ。
将来は、GC系ライダーにと嘱望されてるっぽい子なんですよ!
今は TT も強いので、集団牽引とかのお仕事任されること多そうなのですが
こういう大きな大会で結果残せるところが華があるっていうか。
まだ、18歳(今月19歳になる)だしね!
ジュニアからカテゴリーがあがっても、しっかり走れてるってことだし
すばらしいよね! おめでとう!
ぶっちゃけ、この大会のスイスメンバー、Elite男子より
U23男子の方が戦力充実してると思います。
きっと、Hondo監督もそう思っているだろうから、結果が残せてヨカッタね。

すっごく楽しみな子なんだけど、来シーズンどこで走れるのかなぁ、
それが心配だよ、お婆の自分は。
今、BMCのDevelopmentで走ってるのに今シーズンで解散だし。
せっかく順調にステップアップしてきてるのになぁ。
Reto Müller 始め有望なスイスの若い子が路頭に迷わなければいいけど。

男子 U23 RR Results























Sportmix: EM-Medaillen im Rad und Triathlon auf Stufe U23(SRF)

BRONZE FÜR MARC HIRSCHI(swiss-cycling.ch)

2017 UEC Road European Championships, Herning (Den) – Highlights day 4


この動画見ると、Hirschi が逃げのきっかけ作ったように見える。
っていうか、集団のスピードが緩んでもそのままスピード緩めず行っちゃったのかな、やっぱり。
最後、集団の追い上げ(ベルギー)すごかったんだね。
ゴール後、4位だった Petr Rikunov に突っ込んじゃって落車発生してたけど
最後まで、落車の多いレースだったんだな。

ところで、「Marc Hirschi」はなんと読めばいいんでしょうね。
先日のかんちぇゲストのTdSでは、「マーカハーシィ」って
呼ばれてるように聞こえたんですけど、
今日別のものを聞くと「マークキーシィ」って呼ばれてるように聞こえました。
Ittigen ではなんて呼ばれてるんでしょうね。
posted by 哉 at 20:37| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

眺めていたい。

もし、いつかルクセンブルクに旅行に行くことに同意してもらえたら
寄ってみたいなぁ〜と思う。
別に Andy に会いたいっていうわけじゃなく、
お店に飾られている各種コレクションを眺めていたい。

A look inside Andy Schleck Cycles - Gallery(CN)

Cancellara の TdFの初日のマイヨジョーヌ、それも2009年のものが
飾られてるなんてねぇ〜。
すてきな年でしたねぇ〜、あの頃。
posted by 哉 at 22:09| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

見てるんですよ。

今日は職場で少々気分悪いこと聞かされて
「はぁ??????何言ってんだ?あいつらは。」って腹の底で思ったけど
やんわり笑顔で「ご心配お掛けしました」と伝えて帰ってきた。
いろいろあるわ、サービス業は。(厳密にはサービス業じゃないけど)

で、もひとつご報告。
ちゃんと見てるんですよ、今年もTdF。
(ジロはぶっちゃけ、ほっとんど見てないっす。)
ただ、「ホークアイ」を発動する簡単なお仕事がなくなったため
テレビの音声(実況&解説)を BGM として別のことやりながら
ってことも多々あるんですけど。
嫌いだとかいらないとか言われている方もいらっしゃるようですが
面白いお話をしてくれる方もいらっしゃるので
自分的には、Jspoで見られて幸せです。
しっかし、「ホークアイ」を発動する簡単なお仕事がなくなっただけで
とっても視聴が楽ちんですね。
たまに、「ホークアイ」を発動させて、選手を探してみるんですけど
疲れますね〜。
体力も視力も衰える一方で、テレビを視聴するにも体力いるってことです。

で、もひとつご報告。
Adriano Malori が、引退発表したって今朝知って
「あぁ〜・・・・・。残念すぎる・・・・・。」と思ってました。
昨年の Tour of San Luis でのひどい落車で負ったケガから
やっと戻ってきたと思ったらまた落車して・・・。
今年やっと走れるようになったのかなと思ってたのに・・・。
やっぱりあの Tour of San Luis での落車が原因なんだろうなぁ。
Malori の TT が好きでねぇ〜。応援してました。
短い距離(プロローグ的なもの)での TT が強くて、
2015年には世界選でシルバーメダル獲得して
「長距離も強くなってきた〜!来年は楽しみだ〜!」って思ってた。
なのにさ・・・、あんな命にかかわるケガして・・・。
Maloriは、性格も良さそうだったしなぁ。
先輩にあたるTTスペシャリストにTTで勝ったときのインタビューでは
ちゃんと先輩をリスペクトするコメント発してくれるしね。
「○○さん、○○さんもいるのに僕が勝てるなんて〜」的な。(←意訳)
Maloriの新しい生活が幸せなものでありますように。
posted by 哉 at 20:29| Comment(0) | ロードレース | 更新情報をチェックする