2016年10月10日

よくできました。

最終エピソードまで放送が終わりました。
ありがたいことに、CyclingHub が一気にアップしてくれた。
(再アップ含む。いつまで残してくれるかわからないけど。)
始まったときは、”「あんなこと言ってたのに・・・(泣)」で終わっちゃったらどうすんねん?”って
心配したけど、とりあえず大団円で終わることができて、
”「できすぎやな」”って思いました。
インタビューと共に、Bern の観光名所も同時に見ることもできたし、
昔の映像やバックステージも見せてもらえたし、
かんちぇの数々のコレクションもちらっと見せてももらえたし、
Voigtさんばりにマシンガントーク炸裂のところもあるけど、
表情豊かに話すかんちぇを見てるだけでも面白かった。

「人生はチャレンジだ」と言うかんちぇ。
新しい生活がどんなものになるかわからないけれど、
今までとは違う充実感を得られる生活になればすてきだね。

Follow Fabian - Episode 1


Follow Fabian - Episode 2


Follow Fabian - Episode 3


Follow Fabian - Episode 4


Follow Fabian - Episode 5


Follow Fabian - Episode 6
posted by 哉 at 16:39| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

挨拶できたのかな。

TFS 今シーズン、ヨーロッパでのレースすべて終了。
そして、Schleck と Hesjedal のラストレースも無事終了。
TFS は、Mollema と Schleck がメイン集団に残っていたのですが
まだ残り距離が随分と残った時点での振い落しに前のグループに残れず。
中継を見始めてメイン集団に、Schleck を見つけたと思ってたんだけど
Schleck が 周りに溶け込みすぎていて何度「気のせいだったか」と思ったことか。
結局、TFS は2人(Mollema、Schleck)しかゴールせず。 お疲れさまでした。

で、顔を見せたかんちぇ。
関係者各位にちゃんと挨拶できたのかな。

Cancellara alla partenza del Lombardia



ロードレーサーには、もう見えないね。



こんなにかわいらしいお嬢さんに、テンション高いコメントを貰えていいですなぁ。



ふたりで Valverde 誘ってるみたいだな。


TDW巨匠、面白いこといったのかな。

GVAがこんな優しそうに笑ってるの初めてみたよ。

Dos grandes del ciclismo que nos dejan paso a los jóvenes @puritocycling @fabian_cancellara

Angel Vicioso Arcosさん(@avicioso77)が投稿した写真 -


珍しい3ショット。



Alessandraさんも、テンション高く出迎えてくださった模様。
ありがとうございます。



中継中、イタリアの放送に実況ブースにゲストで入ったかんちぇが映し出される。
サバイバルな展開での激しい振い落しに、かんちぇらしい言葉でコメントしたっぽい。




すてきな動画だよね。じ〜んとしちゃったよ。
フランクが走り終えたばっかりで、まだアドレナリン出てるのか
ちょっとばかり苦虫潰したような顔してるけど、まぁそれもご愛嬌。
それでも、かんちぇを気にして声掛けてくれる優しさは相変わらずだし
主役2人の邪魔しないかんちぇは、やっぱりかんちぇだし。
これら一連の2人のやりとりをみて、
「なんだやっぱり今でもフランクの方が兄貴キャラじゃん」って思った。
それをまた見ることができて嬉しかったね。
いろいろお世話になりました。



もっと見たかったね。



くすくす。

因みに、ルクスの記事には娘さん2人をハグするフランクの動画あるよ。
Dem Frank Schleck seng lescht 240 Kilometer als Profi
posted by 哉 at 21:32| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

イタリアにて。

只今、絶賛開催中の Il Lombardia。
Fränk Schleck と Ryder Hesjedal のラストレースでもあります。
2人とも、カナダやイタリアでのレースを経て、本日に至りました。
無事に最後まで走ってもらって、良い一日で終えて欲しいと思います。
そんな Il Lombardia は TFS の今シーズン最後のヨーロッパでのレースでもあります。
(あとは世界選TTTと日本なのでね・・・。)
だからなのか、なんなのか、かんちぇも Il Lombardia スタート地点にやってきてます。
2人を除けば、後のみんなは来シーズンもTFSで走る事決まってる人ばっかりなので
安心して見ていられます。
Rast、Jasper それに Mollema、ケガしないように。予定通り来てね。

シュレク兄のスペシャルバイク。



渋っぶいカラーリングのバイクだな・・・。
っていうか、このカラー選択はなかなか無いようなきがする。
シュレク兄が渋いのか・・・。



出場しないのに、壇上に呼んでもらってインタビュー受けてるよ・・・。


#ilombardia @fabian_cancellara #goodbye @treksegafredo @tinkoff_team

Sebastian Hahnさん(@livecyclingpics)が投稿した写真 -




すてきだね。

posted by 哉 at 20:49| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

こんな若い子と一緒だなんて。

先日、FBで見たんだけど、これすごいでしょ!?

同じもの



そしたら、SRFBlickとかが今頃ニュースにしてきた。

このとんでもないバランス感覚と運動能力をみせつけてるのは
フリースタイルスキーの Andri Ragettli なんだけど
この人も今年の Super10Kampfに出るんだよ!
最初にこの動画見た時、「Super10Kampfの準備中」って見た気がして
「はぁ?こんなハイパフォーマンスの競技があるのか!?」って思った。
ホント、すごいよねぇ〜。
こんな若い(18歳)子と一緒に運動会出るんだよ、35歳が・・・。
大丈夫かな、かんちぇ。
あの運動会、半端無くアスリート向けだからなぁ。
くれぐれも、運動会に出たお父さんみたく、”こけてアキレス腱痛めた”とか
そんな泣ける話を聞かなくてすみますように。
posted by 哉 at 20:20| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

チューリッヒにて。

Cool, Uma!

Uma、美しいけれど、やっぱりどうしてもメイクのせいかなんだかわかんないけど
すっごく疲れてるように見えて仕方がない。
先日、Twitter に 「Zurich Film Festival に Uma が来る」っていうのを見たんだけど
その時の写真も「誰?」ってなったんだよね、最初。
大変なんかなぁ、いろいろ。

とまぁ、ちょっとお疲れ気味っぽい Uma も登場した Zurich Film Festival の
IWC が主催したディナーにかんちぇも招待されてた模様。
Patrick Seabase さんと一緒って初めてじゃないかと思うのだが?
Seabase さん、自転車ジャージじゃなかったら、すっごく紳士だったんだね。←失礼極まりない。
ファンキーなお兄さんだけじゃなかったんだね〜。すごい。





因みに、Dominique さんもZurich Film Festivalにご出席。

#retohanselmann#zff#zurichfilmfestival#corso#bellevue#greencarpet#instagay#🎬

Reto Hanselmannさん(@retohanselmann)が投稿した写真 -



Dominique さん、可愛いのは変わらずだが、隣のお兄ちゃん変わらずちゃらい。
posted by 哉 at 20:25| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

知ってたよね?

昨日、発表されました。
Selektionen WM Strasse 2016 in Doha (Katar)

それを受けて、
Fabian Cancellara to miss World Champs, plans Japan Cup as last race
えっ、知ってたやろ?周知の事実やったはず。出ない事。
わざわざ記事にしてくれて、Gregor Brown さん優しいな。
ここにTT勝利数 59勝ってあるんだけど、あれ?60勝じゃなかったっけ?
記憶違いだったか・・・。こりゃ、失礼。
あぁ、でも92勝まで勝利数伸ばすこと出来たんだねぇ〜。そっかぁ〜。(しみじみ)

ということで、かんちぇは世界選出ません。
Schweizer WM-Aufgebot nur mit 8 Fahrern
スイスのメディアは、「出ない事は既に知らされてた(知ってた)」って。

それは、そうとして。
Luca 監督 もカタールには行かない模様。
Eliteの監督は Hondoさんが U23と今回は掛け持ちだって。
たぶん、HondoさんがそのままEliteの監督に就任しそうだ。
Luca 監督、ホントお疲れさまだよ。
かんちぇに頼まれただろうナショナルの監督を
チームの GM になっちゃってからも続けてくれて。
大変だっただろうなぁ、かんちぇがナショナルでは負のスパイラルから
なかなか抜け出すことができなくて。
Luca が監督に就任してから、ダメダメだったからね・・・。
ホント、かんちぇのためにいろんなサポートしてくれた人たちに
最後の最後で報いることができて本当に良かったなぁと思う。
で、スイスの世界選メンバーなんですが
BMC Development Team から1人選ばれてるんですよね。
若い子なんですが、ここに選ばれてくるってことは
横風対応できます系なんだろうなぁ。
スイスの誇るルーラー系(働き者)が名を連ねてるね。渋い。
ところで、誰で勝負するつもりなんだろ?

この前、ヨーロピアン見たところだからU23もU19も楽しみ。
posted by 哉 at 23:07| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

楽しかった模様。

Eneco: Nizzolo 6th in stage 3 bunch sprint

昨日、Eneco Tour に出場中のTFSチームの陣中見舞いに行ったかんちぇ。
Demol DS の運転するチームカーの助手席でレースを満喫した模様。
初めてスタートからゴールまでチームカーでレースに帯同して
レース展開をラジオツールやらなにやらチームカーに流れる情報で
なかなか面白い経験をした模様。
ちょっと前まで戦っていたプロトンを外から眺めるのは新鮮だっただろう。
好天に恵まれ、風もなく、カオスになることもなく、
平穏無事に終わって、「あぁ〜、ヨカッタね」と思ってたら
かんちぇは、「いつかもっとアタフタしたレースを車から体験したい」らしい。
ちょっ、辞めたらめっちゃ、他人事やな。
”お客さん”として体験したいだけみたいですよ。
えぇ〜、それめっちゃ邪魔やん!
ちゃんと「ボトル渡して雨具回収してホイール交換手伝って」っていうことを
体験したいのか? かんちぇ、それ、ほんま、笑える。

穏やか〜な時間を過ごした模様。





ということで、Jasper がその主になっている模様。ほぉ〜。
Roulston と Rast のやりとりも微笑ましいよ。

あっ、どこぞの嫁(?)が「4キロ太ったって笑ってたぁ」って報告してくれてたようだけど
「そうか、そうか。健康ってことだ。何よりだ。」と喜んでる自分はあかんのかな。
あんなにオリンピック時、しぼってた(かんちぇ比)んだから、
太って当たり前。それが普通。


Cancellara wil ook na pensioen bij Trek blijven: "Maar weet nog niet wat of hoe"

Fabian Cancellara: ‘My future is with Trek, but not as a sports director’

かんちぇが、TREK で何かしら働くことはもうず〜っと前からわかってる。
チームカーに乗るお仕事はしないだろうことも、知ってる。
きっと、もうちょっと先になったら具体的なこと話してくれるだろう。
育成関係といっても、Basso と同じお仕事だとは思えないのは気のせいか?
かんちぇには、もっと若い子たち(子どもたち)を見て欲しいなぁ。←願望。

そう、11月のベルギーでのフェアウェルに沢山の人が来てくれそうでヨカッタね。
さすが、ベルギーだな。ありがたいねぇ〜。
お金払ってまで来てくれるんだよ。ベルギーの人でもないのに。
で、気が付いたんだけど、終わる時間おかしくない?
第1部終了が22:30なんだよね?で、最終2:00ってなってない?はぁ?
なんだ、日本でいう年越しライブみないなことになってるね。
時間軸がよくわかんないや。
そりゃ、スイスじゃありえないって感じだよね・・・。
posted by 哉 at 22:25| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

陣中見舞い。

只今絶賛開催中の Eneco Tour にかんちぇ陣中見舞いに登場。
うん・・・、みんなにお礼を言うためと、ベルギーだからな。しってる。
できることなら、走って欲しかっただろうけどなぁ。あらゆる方面。
しかしまぁ、もうこればっかりはな、仕方ない。

いやもう、普通にいい顔してるよ。普通のお兄ちゃんになってるよ。
「あぁ、もう辞めちゃったんだなぁ〜。」って思うよ。
Demol DS が、「今日はVIP連れてるんだぁ」って笑ってたらしいけど
Demol DS が運転するチームカーの助手席に乗ってレースを見てるらしい。
TFSのみんなが無事にゴールできますように。カオスになりませんように。
「ふぁびあん、じゃま!」ってなったら可哀想じゃない?



Teamvisit @enecotour to motivate the #ridersandstaff @treksegafredo something different than racing.

Fabian Cancellaraさん(@fabian_cancellara)が投稿した写真 -







#enecotour @fabian_cancellara is sitting in the team car @treksegafredo next to #demol

Sebastian Hahnさん(@livecyclingpics)が投稿した写真 -




集合写真にAlafaciがいないから、「あれ?」って思ってたら
どうも体調崩してDNSらしい。 あいやいや・・・。
早く治して予定通り、来日してくださいね。

ところで、昨日のITTですがなかなか興味深い結果でしたね。
短めの距離のITTは、Dennis が頭一つ抜け出た感じがするね。
Maroli が元のように走れるようになったら、いい勝負できるだろうか。
Brändle はもう少し・・・。
でも、長距離ITTの結果からすると、やっぱり Dennis が一歩抜けてるか。
うん、これから楽しみだ。まずは、今年の世界選だな。
そう、Kittel より Sagan弟の方がちょこっと速かったのも「おぉ〜」って
なったよね。
この距離で平坦だから Kittel の方が速いかなぁと思ってたんだけど
下りもないのに Sagan弟の方がちょこっと速くて、
2人とも真剣に走っただろうから、なかなか興味深い結果だったな。
あと、Kiryienka はどうしてスタートに遅刻したんだろうか。
スタートしてすぐ、ボトル捨てて、「やってられるか!」って感じで
怒ってる風だったけど、どうしちゃったんだろ。
もしかして、アルカンシェルで走るの最後だったりした?
そうだったら、なんかとても残念。
posted by 哉 at 21:55| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

来てくれるって。(予定)

ジャパンカップ2016記者発表会を開催 レース概要と出場チーム・選手を発表



あ・は・は。
TFS のこのメンバー、ガチすぎる・・・。
GCエース Mollema を2年連続投入してくるのもあれだけど、
もう自分としてはさ、”『クラッシック班』キタ〜!!!!!”。
Rast、Jasper、Alafaci だよ。
ベルギーやイタリアのクラシックでもないのに、
TFS の『クラッシック班』が日本で見ることができるなんて、きゃぁ〜。
Mollema のアシストだろうけど、Jasper こっそり狙えるよ。
で、DS で Popo くるんでしょ。 まんま『クラッシック班』。
うん?ってことは、Luca GM は来ないのかな。

スポンサー本国でもなく、シーズン終了感満載の中、
どこに出しても主催者&ファンに喜んでもらえるだろう
主力メンバーを投入してもらえるなんて、本当にありがたいよね。
TREK JAPAN の TFS に対する影響力って半端無いんだね。
っていうか、TREK に関するあらゆるものに、日本のお金動いてるのか?
ホント、すごいよね。

えっと、最後のご奉公としてこんな極東まで来ることに同意してくれて
かんちぇ、本当にありがとう。
無事予定通り来日していただいて、しっかり TREK JAPAN の中の人に
おもてなししてもらって、気持ちよくスイスに帰っていただければ。
ベルギーのそれとは違うだろうけど、
日本でもいっぱい歓迎してもらえるよ、たぶん。
どうせなら、Rogerさんも一緒にどう?

因みに、スイスではたぶんもうかんちぇが走ってるのはすべて
スポンサーのためだ、お遊びだと思われてる節があるので
日本のそれがプロとして最後だと言っても、きっと終わってから
「あっ、それが最後だったんだ。」ってなるんじゃないかな。
そんな気がする。クリテリウムだもの。
で、あんなところまで行ったのはスポンサーのためって
言い切ってくると思う。
posted by 哉 at 23:59| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

ゲストで登場。

Nice hard afternoon ride with some special support in the mountains #bernpower🚵

Fabian Cancellaraさん(@fabian_cancellara)が投稿した写真 -




トレーニングしてるっぽいご報告と共に、
SRFの ≪sportpanorama≫にゲストで出るよって。
「見せてくれるかなぁ、SRF」って思ってたら
やっぱり「えぇ〜、そこ見せてくれないの」って感じだけど
少し見せてくれてるからまだまし?
「またいつものブルーのシャツにジーンズかな」って思ってたら
期待を裏切らないかんちぇの登場に、もうある意味「すげぇ」。
現役の間は、これで通すのか。
制服バンザイ\(^o^)/

≪sportpanorama≫ vom 11.09.2016
番組全部。見れない所あります。
かんちぇの電気工事士としてのお仕事ぶりがちょこっと映ってます。


≪Der Radsport ist nicht mein Leben – er ist ein Teil davon≫
番組に出て喋った内容の要約。家族のところの動画は見れません。
かんちぇの登場部分も見れません。

1.家族
辞めた後、一定の規則性を持った生活をすることがチャレンジだと。
なんかさぁ、今まで家にいなかった父親が家にいるようになったら
邪魔者扱いされないように祈る・・・。

2.敗北
2012年のロンドンオリンピックの落車はかんちぇにとってトラウマだったって
このオリンピック後、Peterさんだったかが言ってたよね。
かんちぇも自分のミスってずっと言ってたね。辛かったね。

3.ドーピング
いつでも公然と自分のことについて話してきた。

4.大きな成功
勝てるものはすべて勝ってきた。でもかんちぇはそれに同意しない。
RRの世界チャンピオン。それは全ての基準だから。

5.引退後の生活
「サイクリングは人生全てではなく、一部だ」ということはもう何度も聞いた。
2017年1月1日から新しい生活をしなければならないと。
それがどのようなものになるかわからないと。

かんちぇの新しいステージがよりよいものでありますように。
posted by 哉 at 23:48| Comment(2) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

スマート???


Der Mensch Cancellara: gesprächig, gestylt, geerdet

かんちぇの人となり。おしゃべりで、スマートで、地に足がついている。

第1コミュニケーション。おしゃべり。
かんちぇは、インタビューに整然と答えてくれる。情報提供者。

第2コミュニケーション。SNSで”Fabianese”による発信。

無駄なもの?
かんちぇは理想的な体型で、ヘアースタイルからファッションから派手だと。
2008年のスポーツマンオブザイヤーの式典でのファッションが記憶に残ってるって。
その後、かんちぇのワードローブは流行の仕掛け人か否かって議論も起こったって。

ちょっと、タイム。意味不明。あれのどこが?

かんちぇの大きな化粧バックに入っているものは
他のライダーたちも持つようになったって。
いろんなヘアケア製品、フェイシャルケア、ペディキュアセット(?)電動歯ブラシ。
10年前、かんちぇは「荷物にドライアーを入れてるのは自分だけ」とか言ったって?

ちょっと、待て。 たしかに身なりには気を付けてると思う。
でもそれはきっと、Fassa のイタリアンたちの影響だよね?まさか、嫁?
元々の気質じゃないよ、あれは。

特別なニーズの男。
オグレディさんが言ってた「近寄るなキケン」モードなかんちぇは
かんちぇがトップコンディションである兆候として
チームメイトに受け入れられていた模様。
大きなレース前は、タイアの空気圧も自分の手でチェックし
エナジーバーでさえチェックするんだと。

何度も見たよね、かんちぇがタイアチェックしてる姿。

魅力的な要因。
セレブリティな方とお友だちになっても地に足ついてる人のまま。

家庭人。
静かな生活を楽しみにしていると。
posted by 哉 at 23:40| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

10の記憶。


Die 10 Meilensteine des ≪Spartacus≫

スパルタカス 10のメモリアル。

1. 2004 TdFプロローグ
インパクト与えるに十分な登場。「勝つために来た」って。

2. 2006 P-R
初めてのモニュメント勝利。「独走勝利はすばらしい」って。

3. 2006 World Champion ITT
初めてのITT世界チャンピオン。「ただ追った。魔法のようだ」って。

4. 2008 MSR
プリマベーラ勝利。
「いつか勝てるよ」って言ってたことが現実に。

5. 2008 Peking Olympic
最初のオリンピックメダル。
RRでブロンズ(のち、シルバー)メダル、そしてITTでゴールド。
「ゴールド以外は敗北だった」って。

6. 2009 TdS
地元ベルンでステージレース総合優勝。
「始まる前は考えていなかった総合優勝を実現した」って。

7. 2010 RVV
RVV初勝利。「北京のそれより上(印象深い)だ」って。

8. 2013 クラシックダブル
RVV、P-R 2010年以来2連勝。「足だけでなく頭も使った」って。

9. 2014 RVV
7つめのモニュメント勝利。「もちろん3勝目を意識してた」って。

10. 2016 Rio Olympic
ITT ゴールドメダル。
批評家の前評判を覆す偉大なキャリアの最高の幕引き。
posted by 哉 at 23:36| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

キャリアの振り返り。


Fabian Cancellara – das eingelöste Versprechen
かんちぇのキャリアの振り返り。

プロとしてスタートする前から、有望だと話題にはなっていたこと。
ものすごく好奇心旺盛で学ぶことに貪欲でその気質が
今のかんちぇのキャリアを形成しているだろうこと。
TTスペシャリストとして始まったかんちぇの存在がP-Rを勝って、
プロトンの中でその強さが一目置かれるようになってきたこと。
かんちぇは、目標を隠さないから誰からもマークされることになって
RVVやP-Rは複数勝てたけど、MSRは結局1回だけだったこと。
でも、リーダーとして走るかんちぇではなく
リーダーを助けるアシストとしてのかんちぇも
プロとして素晴らしい評価を得ていること。
常にチームに最適な状況、最善なものを得ようと働くこと。
それは、リオの RR で Reichenbach のために走る姿にも見られたこと。
TdFの勝者に負けないぐらい、尊敬と賞賛を得ているけど
TdFの勝者になることはかんちぇの武器を削ぐことになり
それはかなうことはなかったこと。
posted by 哉 at 23:33| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

今年は出てくれるって!(予定)

Schweizer Olympia-Helden live am Super10Kampf erleben

かんちぇが、今年『Super10Kampf』に出てくれるらしい。
そうだよ、あのアスリート本気、スイス大運動会だよ!
11/4にチューリッヒで開催の模様。
2012年に大人げないことやっちゃったから、もう出してもらえないのかと思ってたよ。
11/8にスイスでは放送があるみたいだから、その後動画UPされるかな。
SRF、お願いだからフル動画見せてください。

今のところの出場予定アスリート
posted by 哉 at 23:29| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

最後のベルギー。

Cancellara wint laatste race in België: “Had altijd het gevoel een beetje Belg te zijn”

Cancellara zwaait af met zege in Bavikhove: "Heb me altijd beetje Belg gevoeld"


昨日かんちぇは、ベルギーでのクリテリウムに出場。
これがベルギーで走る最後だった模様。
ってことは、11月のフェアウェルは自転車に乗らないのか?
レースってことでは乗らないのかな。そりゃ、残念。
レースは、John、Sepが上手に演出してくれて、かんちぇ勝利。
みんな上手〜。

かんちぇは、ベルギーのファンの人たちにお礼をいっぱいいっぱいしないとね。
ベルギーの人でもないのに、あんなに愛してもらえてね、まったく幸せな人だよ。
ヨカッタね。

写真。
写真。

<追加>9/6
Cancellara says goodbye to Belgium with victory at Bavikhove criterium
Fäbu spurtet seinen Nachfolger nieder

かんちぇ、スキーを楽しむのはいいけれどシューミーのようなことだけにはならないでね。

どこで読んだか失念したんだけど、辞めてから英語の勉強(学校に通う)するって
言ってたんだけど、「またまたぁ〜」って冗談かと思ってたら
どうも本気っぽくて、「何の英語勉強するんだろ?」って思った。
ビジネス系とかなのかなぁ?昔だったら貿易系とかあったけど。
TREKのお仕事もやりつつ、何をしようとしてるのかなぁ。
自転車に係るお仕事には間違いないんだろうけど。
あんまりお家を空けるお仕事じゃないことは確かだよね。

で、世界選には出ない空気を出してたらしい。くすくす。
(カタール世界選の中の人は出て欲しそうだったけどね・・・。)

posted by 哉 at 20:57| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

お祝いしてもらってる!

昨日のお祝いイベントの様子。
まったくもって何言ってんのかわかんないけど。

日本のそれと比べると、こぢんまりとアットホームな感じだよねぇ〜。
なんか近所の子が頑張ったのでお祝いしてる感、満載。
近所の子(主役)も普段着だしねぇ〜。(いや、白いシャツ似合ってるよ!
それなりに、人、集まってくれてヨカッタね。

Haus des Sports まで歩いてたけど、どこから歩いたんだろ。
Coop前の広場からかな。まさか、アーケード全部ってことはないだろうし。
「地元の駅前の商店街を歩きました」って書いても嘘じゃないところが
日本のそれと違い過ぎて笑う。
でもさ、昔ここ馬車で通ったんだよね?
あの時、何にも思わなかったけど、あれどこから用意したんだろ。
やっぱり、Coop前の広場?
もしかして、あの頃よりあのエリア一帯狭くなってるのかも。

あっ、でも昔Federerの地元でのオリンピックチャンピオンお祝いイベントは
すごい人だかりだった。さすが、Federer。
これこんなのだもの。

Ittigen/BE feiert seinen Gold-Fäbu

Olympiasieger Cancellara in Bern begeistert empfangen

Empfang für Cancellara




2008年当時のお祝いの様子。今回より人、多いよ。

<追加>9/5
Cancellaras Sehnsucht nach dem ganz normalen Leben
あの普段着について、普通の35歳の生活ファッションのように書かれていて
「ものはいいようだ」と思った次第。
って、やっぱり記者の人もパッと見た時、「えっ?それ?」って思ったに違いない。

写真。
posted by 哉 at 22:22| Comment(4) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

ミラノで。

昨日、かんちぇはミラノで行われた Laureus F1 Charity Night に
出席していたらしい。(忙しいな





うん?裸足か?
素足。
あぁ〜、バカだぁ〜。裸足って、靴履いてるじゃん。
(靴もおしゃれなの履いてるんだよ。
素足って書いたつもりでいる自分のアホさ加減に泣けるわ。

すっきりしてるから、今だったらきっと何を着ても似合うと思う〜。
posted by 哉 at 20:43| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

おめでとう!ありがとう!

最初にお断り。
こんな浮かれポンチなこと書いてバカなのは理解しているので
「こいつ、あほや!」と流していただければと思います。


スタートまでかなり時間があるのにかんちぇを映してくれるカメラ。ありがと〜。
ほんと、今回のカメラマン&スイッチャーさんとはお友だちになれると思う。
足元からのカメラターンだったのにすぐに「かんちぇだ!」とわかった自分が
もうやばい人Maxだと思った。怖いよ、自分。
めちゃくちゃ集中してるかんちぇが映った後に、
腹ごしらえしているRogerさんが映って微笑ましく思いましたよ。
Rogerさんの百戦錬磨、かんちぇの扱い方の慣れてます感が笑えたね。
しっかし、この時のかんちぇ、美しかったねぇ〜。
かっこいいとかそういうんじゃなくて、「美しい」んだよ!
(頭沸いてる痛い人なので、そこのところスルー。)

コースの難易度もさることながら、雨降ったりやんだり風も所々強く吹いたりで
天候の不安定さもレースの難易度を上げていて、心臓痛い思いしながら
レースを観ることになる。
でもあの破壊力抜群だった石畳のコースが「舗装しなおしたのか?」って思うほど
きれいな道側をみんな走るから、まったくTTバイクでも問題ないコースになっていた。
そう、左手に海岸を見ながらまっすぐな道をひたすら走るコースに変わってた。
濡れた路面であの危険な下りもあるんだけど、
別の下りで道路幅が広くて舗装がきれいなところなんかは
雨降ってるのにクラウチングで下っていく選手を見て、
「攻めてるなぁ、すごいなぁ。」と心配&感心しきり。
でも天候も後半グループが走るころには落ち着いてきて
「無事に走り終えますように」と祈るしかなかった。

で、かんちぇ。
何からどう書いたらいいものか・・・。
もう随分時間が経ってるのに頭の中整理できないんだ。
TTを見る時はいつも心臓痛い思いしながら見てきたけど
最後の最後で卒倒するかと思う程、緊張したし
終わってから暫く身体が震えてるし、嬉しすぎて
もうわけわからなくなってるし、壊れてたから。

土曜日のRRを走り終えた後、
「身体が動けてる」っていう手ごたえを掴んでる様子だったし、
実際にド素人から見ても「よく走れてたよね!」と思ってた。
だから、「後ろから走る人に抜かされませんように」とは思いつつ
「良い走りを見せてくれるんじゃないか」とも思ってた。

スタート地点で集中するかんちぇが、久しくないぐらい、いい顔してた。(←またかよ)
かんちぇの走ってるところあんまり映してもらえないんだろうなぁと
思ってたんだけど、かんちぇにカメラが付いてくれているようで
結構映してくれる。ありがとう、ありがとう、本当にありがとう。
かんちぇの後にスタートするのが T.Martin、Kiryienka、Dumoulin、Froome だったから
あんまり下馬評の高くない引退間際の選手なんてスルーされるのかと思ってた。
国際映像作ってくれてる人ありがとう、本当にありがとう。
かんちぇのTTをいっぱい見ることができて本当に嬉しかった。
RRが終わった後、自分の身体がいい感じで動いていて、
TTに向けて手ごたえを掴んでたっぽいかんちぇだったから、
上り区間も安定してるように見えて、第1チェックポイントで
トップタイム出してきたから、「きゃぁ〜!」と思ったんだけど
第2チェックポイントでタイム落としてきた(?)のを見て
「突っ込みすぎたのか?入れ込み過ぎたのか?」と不安になる。
走ってるリズムは悪くなさそうなのに。
「いや、Dennis が速すぎるのか???」
その後、Fhinneyをパスしたところを映してもらってから
あまりかんちぇを映してもらえなくなる。やっぱりか・・・。
第3チェックポイントに向かうかんちぇをやっと映してくれたんだけど
やっぱりいい感じに身体動いているように見えるんだよね。
不思議だな、贔屓目で目が曇ってるのかな。
って思ってたらDennisのタイムを上回ってきて、「きたぁ〜!
でも、かんちぇがタイム伸ばしてきたってことは後ろから走ってくる人も
伸ばしてくるってことなんだからと「落ち着け、自分」と戒める。
だけど、後ろから走ってくる人たちがタイム伸ばしてこなかったので
「まじかぁ〜!!!!!」
第4チェックポイントでもかんちぇのタイムが伸びていて
「きてる、きてる、きてるよ!!!」ってあわあわしだす自分。
クラウチングで下ってる人もいたコースを
かんちぇは今まで通りのスタイルで下る姿に安心する。
後ろから来る人たちともタイム差開いてきて、
バクバクしてた心臓がさらにバクバクしてきて壊れかけ寸前の自分。
「頼む〜、このまま、トラブルなくゴールして〜!」と祈る。
かんちぇが無事に暫定トップタイムでゴールしてきて
「おかえり〜。おつかれさま〜。」と画面に向かって叫ぶ自分。
無事にゴールしてくれてホッとした。
後は、後ろからの人たちがワープしないことを祈り続ける。
かんちぇのゴールタイムを最終走者のFroomeが超えたのをみて壊れたよね、自分。
かんちぇが Luca監督や Aranさん、Rogerさん、Thomasさんたちと
抱き合ってあんなに喜んでいる姿を見て完全に思考回路崩壊した。
ホットシートで余韻に浸ってるかんちぇに、
Rogerさんが後ろから声掛けてきた映像に涙腺崩壊。
かんちぇが信頼しきってる人にしか見せないよね、あんな顔。
Rogerさんにどれほどお世話になってきたことか!
またオリンピックチャンピオンになることができて
これでお世話になった人たちにお礼ができるかな。
北京では見ることのできなかった表彰式も見ることができて
表彰台でぴょんぴょん飛んで喜ぶかんちぇも見れてこれ以上の幸せはありません。

本当にありがとうございました。




Thomasさんが縫い付けてくれたゼッケン。

Heute @fabian_cancellara mit der Nr. 5 beim Zeitfahren um 16.34! 🚴 #hoppfäbu #olympics #cycling #swissolympicteam

Swiss Olympic Teamさん(@swissolympicteam)が投稿した写真 -



おめでとう、本当に本当におめでとう。

posted by 哉 at 21:57| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

すごい盛り上がり。

Schwingen 写真のページ

Estavayer(Schwingenの全国大会)を観戦に行っていたかんちぇ。@A

≪Cancellaras Gold gibt mir Hoffnung≫

そんなかんちぇが、Schwingenに出場した Christian Schuler さん(28歳!)と
一緒にライドしている記事。
今年 Christian Schuler さんは、4位だった模様。

ものすごく観戦にきてるよね。すごいね。
暑い中観戦してるから、ビール(アルコール)の消費量も半端無いみたいだね。
posted by 哉 at 06:43| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

今のうちかも。

Eine Medaille, die alles uberstrahlt
レース後、SRFの特設スタジオでインタビュー受けた動画。
見れなかったんだけど、なぜか知らんが今は見れるよ!
いつまで見られるかわからないけど。

Die Meilensteine in Cancellaras grossartiger Karriere
これも今なら見れるよ!
ジュニアの頃の映像も含まれてるよ。
お手紙貰って嬉しそうな若かんちぇが微笑ましいよ。
やっぱり北京の時のジャージがかわいい。
なぜあの路線をそのまま引き継いでくれなかったのか。
むこうで笑われながらとったスクリーンショット、こっそり貼る。
Screenshot_2016-08-13-15-48-39 (640x400).jpg
こんなことやってたら見れないから、すぐやめたけど。

これ以下の動画はたぶんいつでも見れる(と思う)
≪Glanz & Gloria≫: Ein Jubiläum, eine Rückkehr und ein Finale
帰国の様子。奥さん映ってるよ。
ご家族は特別に中で待ってて、先に会うことが出来たんだよね。
そうそう、チューリッヒの空港にベルンからファンクラブが
お出迎えに行く人用にバス用意したんだよね?すごいよねぇ〜。

≪Glanz & Gloria≫ auf der Titanic und im Bocciodromo
関連記事。
Supermodel Adriana Lima: Sie ist Cancellaras schönster Fan
スーパーモデル Adriana Lima がインスタでおめでとうと発信したことでニュースになっている。
IWC関連だよね、たぶん。

Cancellara gewinnt Gold, Kesb unter Druck, Aleppo in Not
Stefan Küng のインタビュー付き。
Küng も復帰レース決まったんだよね。
posted by 哉 at 06:10| Comment(2) | かんちぇ | 更新情報をチェックする