2016年11月04日

ゲストが来てくれる模様。

かんちぇのベルギーでのフェアウェル『Ciao Fabian』に
Pozzato、Fränck、Sep、それに Wiggins が来てくれるらしい。
「はい?Wiggo?なぜに?」ってすっごい不思議に思ったけど、
そういえば、15日からGentで6日間レースあるから、Wiggo それに出るのかな。
だから、ついでに出てくれるのかも。
でもそれにしたって、えらくまぁ、びっくりゲストだこと。
Pippo は、義理堅いっていうかなんというか。
だからあんなに慕われてるんだろうなぁ。Pippoいい奴だよねぇ。
Sep は、かんちぇのベルギーファンクラブの人たちにお願いされたのか?
ベルギーのファンクラブの人たちは、これから Sep のこと応援するらしいし。
で、Schleck兄ですよ。トラック走らされるんですか?兄も?
なんの罰ゲームですか?ってSchleck兄思わなかったのか?
Schleck兄も優しいな。
断っても全く問題ないと思うけど。お礼が良かったのかもな。えっ?

ところで、チケットは完売ですってよ!!
ベルギー、すてき!素晴らしい!恐るべし、自転車愛。
そりゃ、スイスじゃ有り得ませんって。

今日のスイス大運動会でケガして「走れません」ってなりませんように。
お金出して最後を祝ってくれるお客さんに楽しい思い出となりますように。

Wiggins among star names to attend Cancellara's farewell event in Gent

Wiggins, Vanmarcke, Pozzato en Fränck Schleck paraat bij afscheid Cancellara in Gentse Kuipke

Pozzato, Schleck, Wiggins en Vanmarcke komen Cancellara uitwuiven in Kuipke
posted by 哉 at 21:51| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

成功を祈るよ。

≪Ich bin allein gekommen – und ich gehe auch allein≫

めちゃくちゃ長くて、読んでて脈絡がわかんなくなる・・・。
(何話してたか覚えきれない・・・。
書き出さないとこれは無理。
たぶん、日本語になってても「あれ?」ってなってると思う。
言葉が出来ない上に、読解力も乏しい自分に泣ける。
ちゃんと整理しながら、読みなおそう。

でさ、「なんで最後が日本なんだよ?」っていう質問に
明確な答えが出てないような気がするのですが?
ベルギーでフェアウェルする理由はちゃんと答えてる気がするのに
何度も聞かれる「どうして日本なの?」っていう質問には答えてるようで答えてない気がする。
いくらなんでも、かんちぇ、「大人の事情」とは言えなかったか・・・。

Rioでメダルを獲って「これで終わり」って言おうと思ったけど
Lucaが止めたって言ってる?
スイスを出発するときには決めてたって言ってる?
TdFのBernステージで勝ってたら、オリンピック行かなかったかもって言ってる?
春クラが成功してたら(RVVを4勝したりとか)、その時で辞めてたって言ってる?
まじかぁ〜。いや、そうなるかもって思ってたけど
Bernステージ勝利で終わらなくて本当にヨカッタよ・・・。
勝手なこと言ってるのわかってるけど、オリンピック出てくれてヨカッタ。
そう思うと、Sagan弟にありがとう言わなきゃな。
大きなことをやり遂げる最後のチャンスがオリンピックになって
やる気スイッチが入りやすかったけど大きなプレッシャーだったとか。

で、今後どんなビジョンを描いているんですかね。
スポーツビジネスって言ってもいろいろあるだろうしね。
ここでもやっぱり英語のスキルをあげたいって言っているので
う〜ん、やっぱりアメリカ資本系の何かと話が進んでるんですかね。
あれやこれや、やりたい(やってみたい)ことあるみたいなんだけど
Armin Meierさんがビジネスのことはしっかり学んでからやりなさいとか
ブレーキかけてくれてるっぽい話してて、いい仲間がいてありがたいとかなんとか。
商才があるのかないのかわかんないけど、いいように利用されて終わりませんように。
最初は問題もあるだろうけどって言ってるけどさ、
だまされて終わるなんてことになったら・・・、ガクブル・・・。
どんだけ、ネガティブ思考なんだ、自分。
posted by 哉 at 20:50| Comment(2) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

発売が楽しみ。

Cancellaras Weg zum Superstar – Teil 1: Fabians Lehrjahre
≪Ich traf meine Freunde und ging am Wochenende feiern≫

Blick が、ベルギーで発売されるかんちぇの本(自伝?っぽいもの)を
4回に分けて一部紹介してくれるっぽい。
スイスでは11/15から購入(39CHF)できるんだって。
表紙がびっくりするぐらいカッコいい写真使ってくれてるんだよ!


かんちぇがフットボール少年で自転車のレースと同じ日に試合があって・・・という件は
何度か読んだ気がする。
で、いまいちどっちなのか理解できない(読解力が無いもので)が
かんちぇのお母さんは、かんちぇが学業を疎かにしないように注意してたけど
結局かんちぇは、学校の勉強には興味が持てなかったってこと?
新しいことを学ぶことには興味があったけど、教科書には無かったってこと?
だから勉強は不可能だってこと?えっと・・・、あれ?ものはいいよう?
う〜ん・・・、難しい・・・。

かんちぇの今のキャリアがあるのは「常に学ぼうという姿勢があるから」って以前読んだけど
あれだね、かんちぇも自分っていうものを持ちすぎる人なんだね。
だからこそのチャンピオンに成り得る気質なんだね。
posted by 哉 at 21:31| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

表彰してもらえたらしい。

Cancellara und Kocher sind Berner Sportler des Jahres

かんちぇは、昨日ベルン州の優秀アスリートとして表彰されたっぽい。
インスタの24時間で消えちゃうものに、ベルン州の偉い人のサインが入ったものが
アップされてたのはこの表彰だったんだね。おめでとう。

集合写真の立ち姿(姿勢)が、かなり美しい。
posted by 哉 at 21:25| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

おめでとう。




極東からお家に戻って、翌日にはプライベートジェットでベルギーへ。
どれだけ強行スケジュールなん?
レースじゃないから、まぁあれだけど体力(健康)ないとやってけないね。
大変だな、ホント。頭が下がる。
ベルギーからのお呼びならまず断ることはないと思うので
どんなことがあっても行くだろうけど。
だって、愛されてるし、愛してるもの。
で、そのフランドリアンの表彰で「特別功労賞」を貰ったんだと。
以前、「インターナショナル・フランドリアン」貰えて喜んでたよね。
2回貰ったんだった?ありがたいよねぇ〜。おめでとう。

因みに、Demol監督もJasperも出席してました。
Jasper も忙しいな。お疲れさま。

Cancellara: "Speciaal om een Lifetime Achievement Award te krijgen"(インタビュー動画)

FOTO'S: wielrenners zetten beste beentje voor op blauwe loper(写真)
これはなかなかカッコいい作画。

Fabian Cancellara met privéjet geland voor Gala van Nieuwsblad Flandrien(空港到着動画)
ベルギー寒そうだね。

Schoon volk op de blauwe loper van de Flandrien(写真)

En of de clan-Van Avermaet blij is met vijfde Flandrien-trofee: de afterparty(パーティー写真)
チャンピオン揃い踏み。

Jasper。
Demol監督。

Greg Van Avermaet alweer verkozen tot Flandrien, ook prijzen voor Fabian Cancellara, Peter Sagan en Jolien D’hoore
受賞の様子動画があります。
かんちぇ、もう少し大きな声でインタビューに答えてくれないと声が拾えてない。
その際、かんちぇのキャリア振り返り動画を作って流してくれてるんだけど
”ラデツキー行進曲”(ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート?)の動画も使う Nieuwsblad。
かんちぇの美しい(カッコいい)ところセレクトして作ってくれてるけど
ベルギーとして譲れない一線っていうものがあることがわかるものでもありますよ。
そう、Boonenさんを負かしたことには触れない。Boonenさんは特別。他の人は良い模様。
さすが、Boonenさん。もう愛され過ぎて来年の今頃大変そう。

あんなソファーに座らされたら、逆に居心地悪そうだけど、
すっごく丁寧にインタビューに答えてるかんちぇでした。

<追加>

What a early honour to receive a #lifeachievement #award #flandrien in Belgium @nieuwsblad

Fabian Cancellaraさん(@fabian_cancellara)が投稿した写真 -



どうでもいいことだけど。
スーツはD&Gのようだけど、靴は気のせいかもしれないけどソールが赤に見えて
「えっ?レッド・ソール?もしかしてルブタンなのか?」とか思った次第。
靴底が赤のものって他にあるのか知らないけど。
イタリアの靴が好きだと言ってたような記憶があるんだけどな。
posted by 哉 at 22:15| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

いらっしゃいませ。

Cancellara: I already feel like an ex-rider

Cycling legend Fabian Cancellara ready for a new challenge after 16-years of success

どっちもなかなかに興味深い。
落ち着いてちゃんと読みなおす。

≪Ich fühle mich schon wie ein Ex-Profi≫
CNからの抜粋。 
ラストランはクリテリウム(土曜日)だとちゃんと書いてある。えらい。


いらっしゃいませ。


目に痛い黄色ですね。
posted by 哉 at 22:09| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

お疲れさま。

アブダビで行われた UCI-GALA に出席したかんちぇ。
オリンピック金メダリストとして特別賞かなんか貰ったらしい。
ぶっちゃけ、行かなくてもなんら問題ないような気がしないでもないが。
(だって、Sagan弟だけいれば無問題でしょ?
ASO のプレゼンの方に行ってる人もいるじゃない?
自分とこの国のオリンピックセレモニーを欠席(たぶん、家族旅行)したのに
こんな遠いところにわざわざ行って・・・。
どんな大人の事情があるんですかね。最後までお疲れさまだよ。
長旅大変だけど、気を付けて極東まで来てください。

About last night's @uci_cycling #gala in Abu Dhabi with the two other olympic champions to recive a special recognition award #Rio

Fabian Cancellaraさん(@fabian_cancellara)が投稿した写真 -







D&G をすてきに着こなしていると思ってたら、
「葬儀屋さんみたいだ」と言ってる人がいて、”おぅ・・・”。

18/10/2016 20165776 Cycling: 2nd UCI Gala Awards 2016

2016 UCI Cycling Gala: season’s best road cyclists rewarded in Abu Dhabi
posted by 哉 at 20:59| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

どこいった?

昨日、スイス連邦議事堂でリオオリンピックのレセプションがあるってことで
「じゃぁ、選手のみなさん集まるのかな?なんか偉い人から記念品とかもらうのかな?」
とか思って寝て起きたら、メダリストの人たちが集っていた模様。
日本のように大人数じゃないから、こじんまりとした感じ。

でさ、どこいった?いないんですけど?
目を皿のようにしなくったって、見過ごすはずはないんですが?
だって、あの人数ですよ?
たしかに最初は軍服(?)みたいなものを着用している方々のせいで
「あれ?レセプションってそういう集まりじゃなかったのかな?」って思ったけど
ほとんどのメダリストちゃんといるじゃん!
ボートのイケメン4人もいるし、Nino も Hingis もちゃんといる!
って、オリンピックメダリストでいないの Nicola Spirig とかんちぇだけじゃないのか?
Nicola は、大会があるからとかでいないかもしれないけど
かんちぇはなぜ???
記事にもいない人の言及はないしさ・・・。
何かあった?これって、まがりなりにも公式の行事なんじゃないの?
なぜいないのか、わからないのですが・・・。
ちょっと〜・・・。頼むよ、いろいろと。心配になるからさ・・・。

Bundesräte gratulierten erfolgreichen Athleten

集合写真。

Bundesrat empfängt erfolgreiche Sportlerinnen und Sportler der Olympischen Sommerspiele und der Paralympics 2016
posted by 哉 at 23:12| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

よくできました。

最終エピソードまで放送が終わりました。
ありがたいことに、CyclingHub が一気にアップしてくれた。
(再アップ含む。いつまで残してくれるかわからないけど。)
始まったときは、”「あんなこと言ってたのに・・・(泣)」で終わっちゃったらどうすんねん?”って
心配したけど、とりあえず大団円で終わることができて、
”「できすぎやな」”って思いました。
インタビューと共に、Bern の観光名所も同時に見ることもできたし、
昔の映像やバックステージも見せてもらえたし、
かんちぇの数々のコレクションもちらっと見せてももらえたし、
Voigtさんばりにマシンガントーク炸裂のところもあるけど、
表情豊かに話すかんちぇを見てるだけでも面白かった。

「人生はチャレンジだ」と言うかんちぇ。
新しい生活がどんなものになるかわからないけれど、
今までとは違う充実感を得られる生活になればすてきだね。

Follow Fabian - Episode 1


Follow Fabian - Episode 2


Follow Fabian - Episode 3


Follow Fabian - Episode 4


Follow Fabian - Episode 5


Follow Fabian - Episode 6
posted by 哉 at 16:39| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

挨拶できたのかな。

TFS 今シーズン、ヨーロッパでのレースすべて終了。
そして、Schleck と Hesjedal のラストレースも無事終了。
TFS は、Mollema と Schleck がメイン集団に残っていたのですが
まだ残り距離が随分と残った時点での振い落しに前のグループに残れず。
中継を見始めてメイン集団に、Schleck を見つけたと思ってたんだけど
Schleck が 周りに溶け込みすぎていて何度「気のせいだったか」と思ったことか。
結局、TFS は2人(Mollema、Schleck)しかゴールせず。 お疲れさまでした。

で、顔を見せたかんちぇ。
関係者各位にちゃんと挨拶できたのかな。

Cancellara alla partenza del Lombardia



ロードレーサーには、もう見えないね。



こんなにかわいらしいお嬢さんに、テンション高いコメントを貰えていいですなぁ。



ふたりで Valverde 誘ってるみたいだな。


TDW巨匠、面白いこといったのかな。

GVAがこんな優しそうに笑ってるの初めてみたよ。

Dos grandes del ciclismo que nos dejan paso a los jóvenes @puritocycling @fabian_cancellara

Angel Vicioso Arcosさん(@avicioso77)が投稿した写真 -


珍しい3ショット。



Alessandraさんも、テンション高く出迎えてくださった模様。
ありがとうございます。



中継中、イタリアの放送に実況ブースにゲストで入ったかんちぇが映し出される。
サバイバルな展開での激しい振い落しに、かんちぇらしい言葉でコメントしたっぽい。




すてきな動画だよね。じ〜んとしちゃったよ。
フランクが走り終えたばっかりで、まだアドレナリン出てるのか
ちょっとばかり苦虫潰したような顔してるけど、まぁそれもご愛嬌。
それでも、かんちぇを気にして声掛けてくれる優しさは相変わらずだし
主役2人の邪魔しないかんちぇは、やっぱりかんちぇだし。
これら一連の2人のやりとりをみて、
「なんだやっぱり今でもフランクの方が兄貴キャラじゃん」って思った。
それをまた見ることができて嬉しかったね。
いろいろお世話になりました。



もっと見たかったね。



くすくす。

因みに、ルクスの記事には娘さん2人をハグするフランクの動画あるよ。
Dem Frank Schleck seng lescht 240 Kilometer als Profi
posted by 哉 at 21:32| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

イタリアにて。

只今、絶賛開催中の Il Lombardia。
Fränk Schleck と Ryder Hesjedal のラストレースでもあります。
2人とも、カナダやイタリアでのレースを経て、本日に至りました。
無事に最後まで走ってもらって、良い一日で終えて欲しいと思います。
そんな Il Lombardia は TFS の今シーズン最後のヨーロッパでのレースでもあります。
(あとは世界選TTTと日本なのでね・・・。)
だからなのか、なんなのか、かんちぇも Il Lombardia スタート地点にやってきてます。
2人を除けば、後のみんなは来シーズンもTFSで走る事決まってる人ばっかりなので
安心して見ていられます。
Rast、Jasper それに Mollema、ケガしないように。予定通り来てね。

シュレク兄のスペシャルバイク。



渋っぶいカラーリングのバイクだな・・・。
っていうか、このカラー選択はなかなか無いようなきがする。
シュレク兄が渋いのか・・・。



出場しないのに、壇上に呼んでもらってインタビュー受けてるよ・・・。


#ilombardia @fabian_cancellara #goodbye @treksegafredo @tinkoff_team

Sebastian Hahnさん(@livecyclingpics)が投稿した写真 -




すてきだね。

posted by 哉 at 20:49| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

こんな若い子と一緒だなんて。

先日、FBで見たんだけど、これすごいでしょ!?

同じもの



そしたら、SRFBlickとかが今頃ニュースにしてきた。

このとんでもないバランス感覚と運動能力をみせつけてるのは
フリースタイルスキーの Andri Ragettli なんだけど
この人も今年の Super10Kampfに出るんだよ!
最初にこの動画見た時、「Super10Kampfの準備中」って見た気がして
「はぁ?こんなハイパフォーマンスの競技があるのか!?」って思った。
ホント、すごいよねぇ〜。
こんな若い(18歳)子と一緒に運動会出るんだよ、35歳が・・・。
大丈夫かな、かんちぇ。
あの運動会、半端無くアスリート向けだからなぁ。
くれぐれも、運動会に出たお父さんみたく、”こけてアキレス腱痛めた”とか
そんな泣ける話を聞かなくてすみますように。
posted by 哉 at 20:20| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

チューリッヒにて。

Cool, Uma!

Uma、美しいけれど、やっぱりどうしてもメイクのせいかなんだかわかんないけど
すっごく疲れてるように見えて仕方がない。
先日、Twitter に 「Zurich Film Festival に Uma が来る」っていうのを見たんだけど
その時の写真も「誰?」ってなったんだよね、最初。
大変なんかなぁ、いろいろ。

とまぁ、ちょっとお疲れ気味っぽい Uma も登場した Zurich Film Festival の
IWC が主催したディナーにかんちぇも招待されてた模様。
Patrick Seabase さんと一緒って初めてじゃないかと思うのだが?
Seabase さん、自転車ジャージじゃなかったら、すっごく紳士だったんだね。←失礼極まりない。
ファンキーなお兄さんだけじゃなかったんだね〜。すごい。





因みに、Dominique さんもZurich Film Festivalにご出席。

#retohanselmann#zff#zurichfilmfestival#corso#bellevue#greencarpet#instagay#🎬

Reto Hanselmannさん(@retohanselmann)が投稿した写真 -



Dominique さん、可愛いのは変わらずだが、隣のお兄ちゃん変わらずちゃらい。
posted by 哉 at 20:25| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

知ってたよね?

昨日、発表されました。
Selektionen WM Strasse 2016 in Doha (Katar)

それを受けて、
Fabian Cancellara to miss World Champs, plans Japan Cup as last race
えっ、知ってたやろ?周知の事実やったはず。出ない事。
わざわざ記事にしてくれて、Gregor Brown さん優しいな。
ここにTT勝利数 59勝ってあるんだけど、あれ?60勝じゃなかったっけ?
記憶違いだったか・・・。こりゃ、失礼。
あぁ、でも92勝まで勝利数伸ばすこと出来たんだねぇ〜。そっかぁ〜。(しみじみ)

ということで、かんちぇは世界選出ません。
Schweizer WM-Aufgebot nur mit 8 Fahrern
スイスのメディアは、「出ない事は既に知らされてた(知ってた)」って。

それは、そうとして。
Luca 監督 もカタールには行かない模様。
Eliteの監督は Hondoさんが U23と今回は掛け持ちだって。
たぶん、HondoさんがそのままEliteの監督に就任しそうだ。
Luca 監督、ホントお疲れさまだよ。
かんちぇに頼まれただろうナショナルの監督を
チームの GM になっちゃってからも続けてくれて。
大変だっただろうなぁ、かんちぇがナショナルでは負のスパイラルから
なかなか抜け出すことができなくて。
Luca が監督に就任してから、ダメダメだったからね・・・。
ホント、かんちぇのためにいろんなサポートしてくれた人たちに
最後の最後で報いることができて本当に良かったなぁと思う。
で、スイスの世界選メンバーなんですが
BMC Development Team から1人選ばれてるんですよね。
若い子なんですが、ここに選ばれてくるってことは
横風対応できます系なんだろうなぁ。
スイスの誇るルーラー系(働き者)が名を連ねてるね。渋い。
ところで、誰で勝負するつもりなんだろ?

この前、ヨーロピアン見たところだからU23もU19も楽しみ。
posted by 哉 at 23:07| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

楽しかった模様。

Eneco: Nizzolo 6th in stage 3 bunch sprint

昨日、Eneco Tour に出場中のTFSチームの陣中見舞いに行ったかんちぇ。
Demol DS の運転するチームカーの助手席でレースを満喫した模様。
初めてスタートからゴールまでチームカーでレースに帯同して
レース展開をラジオツールやらなにやらチームカーに流れる情報で
なかなか面白い経験をした模様。
ちょっと前まで戦っていたプロトンを外から眺めるのは新鮮だっただろう。
好天に恵まれ、風もなく、カオスになることもなく、
平穏無事に終わって、「あぁ〜、ヨカッタね」と思ってたら
かんちぇは、「いつかもっとアタフタしたレースを車から体験したい」らしい。
ちょっ、辞めたらめっちゃ、他人事やな。
”お客さん”として体験したいだけみたいですよ。
えぇ〜、それめっちゃ邪魔やん!
ちゃんと「ボトル渡して雨具回収してホイール交換手伝って」っていうことを
体験したいのか? かんちぇ、それ、ほんま、笑える。

穏やか〜な時間を過ごした模様。





ということで、Jasper がその主になっている模様。ほぉ〜。
Roulston と Rast のやりとりも微笑ましいよ。

あっ、どこぞの嫁(?)が「4キロ太ったって笑ってたぁ」って報告してくれてたようだけど
「そうか、そうか。健康ってことだ。何よりだ。」と喜んでる自分はあかんのかな。
あんなにオリンピック時、しぼってた(かんちぇ比)んだから、
太って当たり前。それが普通。


Cancellara wil ook na pensioen bij Trek blijven: "Maar weet nog niet wat of hoe"

Fabian Cancellara: ‘My future is with Trek, but not as a sports director’

かんちぇが、TREK で何かしら働くことはもうず〜っと前からわかってる。
チームカーに乗るお仕事はしないだろうことも、知ってる。
きっと、もうちょっと先になったら具体的なこと話してくれるだろう。
育成関係といっても、Basso と同じお仕事だとは思えないのは気のせいか?
かんちぇには、もっと若い子たち(子どもたち)を見て欲しいなぁ。←願望。

そう、11月のベルギーでのフェアウェルに沢山の人が来てくれそうでヨカッタね。
さすが、ベルギーだな。ありがたいねぇ〜。
お金払ってまで来てくれるんだよ。ベルギーの人でもないのに。
で、気が付いたんだけど、終わる時間おかしくない?
第1部終了が22:30なんだよね?で、最終2:00ってなってない?はぁ?
なんだ、日本でいう年越しライブみないなことになってるね。
時間軸がよくわかんないや。
そりゃ、スイスじゃありえないって感じだよね・・・。
posted by 哉 at 22:25| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

陣中見舞い。

只今絶賛開催中の Eneco Tour にかんちぇ陣中見舞いに登場。
うん・・・、みんなにお礼を言うためと、ベルギーだからな。しってる。
できることなら、走って欲しかっただろうけどなぁ。あらゆる方面。
しかしまぁ、もうこればっかりはな、仕方ない。

いやもう、普通にいい顔してるよ。普通のお兄ちゃんになってるよ。
「あぁ、もう辞めちゃったんだなぁ〜。」って思うよ。
Demol DS が、「今日はVIP連れてるんだぁ」って笑ってたらしいけど
Demol DS が運転するチームカーの助手席に乗ってレースを見てるらしい。
TFSのみんなが無事にゴールできますように。カオスになりませんように。
「ふぁびあん、じゃま!」ってなったら可哀想じゃない?



Teamvisit @enecotour to motivate the #ridersandstaff @treksegafredo something different than racing.

Fabian Cancellaraさん(@fabian_cancellara)が投稿した写真 -







#enecotour @fabian_cancellara is sitting in the team car @treksegafredo next to #demol

Sebastian Hahnさん(@livecyclingpics)が投稿した写真 -




集合写真にAlafaciがいないから、「あれ?」って思ってたら
どうも体調崩してDNSらしい。 あいやいや・・・。
早く治して予定通り、来日してくださいね。

ところで、昨日のITTですがなかなか興味深い結果でしたね。
短めの距離のITTは、Dennis が頭一つ抜け出た感じがするね。
Maroli が元のように走れるようになったら、いい勝負できるだろうか。
Brändle はもう少し・・・。
でも、長距離ITTの結果からすると、やっぱり Dennis が一歩抜けてるか。
うん、これから楽しみだ。まずは、今年の世界選だな。
そう、Kittel より Sagan弟の方がちょこっと速かったのも「おぉ〜」って
なったよね。
この距離で平坦だから Kittel の方が速いかなぁと思ってたんだけど
下りもないのに Sagan弟の方がちょこっと速くて、
2人とも真剣に走っただろうから、なかなか興味深い結果だったな。
あと、Kiryienka はどうしてスタートに遅刻したんだろうか。
スタートしてすぐ、ボトル捨てて、「やってられるか!」って感じで
怒ってる風だったけど、どうしちゃったんだろ。
もしかして、アルカンシェルで走るの最後だったりした?
そうだったら、なんかとても残念。
posted by 哉 at 21:55| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

来てくれるって。(予定)

ジャパンカップ2016記者発表会を開催 レース概要と出場チーム・選手を発表



あ・は・は。
TFS のこのメンバー、ガチすぎる・・・。
GCエース Mollema を2年連続投入してくるのもあれだけど、
もう自分としてはさ、”『クラッシック班』キタ〜!!!!!”。
Rast、Jasper、Alafaci だよ。
ベルギーやイタリアのクラシックでもないのに、
TFS の『クラッシック班』が日本で見ることができるなんて、きゃぁ〜。
Mollema のアシストだろうけど、Jasper こっそり狙えるよ。
で、DS で Popo くるんでしょ。 まんま『クラッシック班』。
うん?ってことは、Luca GM は来ないのかな。

スポンサー本国でもなく、シーズン終了感満載の中、
どこに出しても主催者&ファンに喜んでもらえるだろう
主力メンバーを投入してもらえるなんて、本当にありがたいよね。
TREK JAPAN の TFS に対する影響力って半端無いんだね。
っていうか、TREK に関するあらゆるものに、日本のお金動いてるのか?
ホント、すごいよね。

えっと、最後のご奉公としてこんな極東まで来ることに同意してくれて
かんちぇ、本当にありがとう。
無事予定通り来日していただいて、しっかり TREK JAPAN の中の人に
おもてなししてもらって、気持ちよくスイスに帰っていただければ。
ベルギーのそれとは違うだろうけど、
日本でもいっぱい歓迎してもらえるよ、たぶん。
どうせなら、Rogerさんも一緒にどう?

因みに、スイスではたぶんもうかんちぇが走ってるのはすべて
スポンサーのためだ、お遊びだと思われてる節があるので
日本のそれがプロとして最後だと言っても、きっと終わってから
「あっ、それが最後だったんだ。」ってなるんじゃないかな。
そんな気がする。クリテリウムだもの。
で、あんなところまで行ったのはスポンサーのためって
言い切ってくると思う。
posted by 哉 at 23:59| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

ゲストで登場。

Nice hard afternoon ride with some special support in the mountains #bernpower🚵

Fabian Cancellaraさん(@fabian_cancellara)が投稿した写真 -




トレーニングしてるっぽいご報告と共に、
SRFの ≪sportpanorama≫にゲストで出るよって。
「見せてくれるかなぁ、SRF」って思ってたら
やっぱり「えぇ〜、そこ見せてくれないの」って感じだけど
少し見せてくれてるからまだまし?
「またいつものブルーのシャツにジーンズかな」って思ってたら
期待を裏切らないかんちぇの登場に、もうある意味「すげぇ」。
現役の間は、これで通すのか。
制服バンザイ\(^o^)/

≪sportpanorama≫ vom 11.09.2016
番組全部。見れない所あります。
かんちぇの電気工事士としてのお仕事ぶりがちょこっと映ってます。


≪Der Radsport ist nicht mein Leben – er ist ein Teil davon≫
番組に出て喋った内容の要約。家族のところの動画は見れません。
かんちぇの登場部分も見れません。

1.家族
辞めた後、一定の規則性を持った生活をすることがチャレンジだと。
なんかさぁ、今まで家にいなかった父親が家にいるようになったら
邪魔者扱いされないように祈る・・・。

2.敗北
2012年のロンドンオリンピックの落車はかんちぇにとってトラウマだったって
このオリンピック後、Peterさんだったかが言ってたよね。
かんちぇも自分のミスってずっと言ってたね。辛かったね。

3.ドーピング
いつでも公然と自分のことについて話してきた。

4.大きな成功
勝てるものはすべて勝ってきた。でもかんちぇはそれに同意しない。
RRの世界チャンピオン。それは全ての基準だから。

5.引退後の生活
「サイクリングは人生全てではなく、一部だ」ということはもう何度も聞いた。
2017年1月1日から新しい生活をしなければならないと。
それがどのようなものになるかわからないと。

かんちぇの新しいステージがよりよいものでありますように。
posted by 哉 at 23:48| Comment(2) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

スマート???


Der Mensch Cancellara: gesprächig, gestylt, geerdet

かんちぇの人となり。おしゃべりで、スマートで、地に足がついている。

第1コミュニケーション。おしゃべり。
かんちぇは、インタビューに整然と答えてくれる。情報提供者。

第2コミュニケーション。SNSで”Fabianese”による発信。

無駄なもの?
かんちぇは理想的な体型で、ヘアースタイルからファッションから派手だと。
2008年のスポーツマンオブザイヤーの式典でのファッションが記憶に残ってるって。
その後、かんちぇのワードローブは流行の仕掛け人か否かって議論も起こったって。

ちょっと、タイム。意味不明。あれのどこが?

かんちぇの大きな化粧バックに入っているものは
他のライダーたちも持つようになったって。
いろんなヘアケア製品、フェイシャルケア、ペディキュアセット(?)電動歯ブラシ。
10年前、かんちぇは「荷物にドライアーを入れてるのは自分だけ」とか言ったって?

ちょっと、待て。 たしかに身なりには気を付けてると思う。
でもそれはきっと、Fassa のイタリアンたちの影響だよね?まさか、嫁?
元々の気質じゃないよ、あれは。

特別なニーズの男。
オグレディさんが言ってた「近寄るなキケン」モードなかんちぇは
かんちぇがトップコンディションである兆候として
チームメイトに受け入れられていた模様。
大きなレース前は、タイアの空気圧も自分の手でチェックし
エナジーバーでさえチェックするんだと。

何度も見たよね、かんちぇがタイアチェックしてる姿。

魅力的な要因。
セレブリティな方とお友だちになっても地に足ついてる人のまま。

家庭人。
静かな生活を楽しみにしていると。
posted by 哉 at 23:40| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする

10の記憶。


Die 10 Meilensteine des ≪Spartacus≫

スパルタカス 10のメモリアル。

1. 2004 TdFプロローグ
インパクト与えるに十分な登場。「勝つために来た」って。

2. 2006 P-R
初めてのモニュメント勝利。「独走勝利はすばらしい」って。

3. 2006 World Champion ITT
初めてのITT世界チャンピオン。「ただ追った。魔法のようだ」って。

4. 2008 MSR
プリマベーラ勝利。
「いつか勝てるよ」って言ってたことが現実に。

5. 2008 Peking Olympic
最初のオリンピックメダル。
RRでブロンズ(のち、シルバー)メダル、そしてITTでゴールド。
「ゴールド以外は敗北だった」って。

6. 2009 TdS
地元ベルンでステージレース総合優勝。
「始まる前は考えていなかった総合優勝を実現した」って。

7. 2010 RVV
RVV初勝利。「北京のそれより上(印象深い)だ」って。

8. 2013 クラシックダブル
RVV、P-R 2010年以来2連勝。「足だけでなく頭も使った」って。

9. 2014 RVV
7つめのモニュメント勝利。「もちろん3勝目を意識してた」って。

10. 2016 Rio Olympic
ITT ゴールドメダル。
批評家の前評判を覆す偉大なキャリアの最高の幕引き。
posted by 哉 at 23:36| Comment(0) | かんちぇ | 更新情報をチェックする